ふとんのお手入れ

ふとんを永くお使いいただくために

日頃のお手入れ
ふとんを干しましょう。
ふとんを日光に干すことにより、内部の湿気を放出させ、ふっくらとよみがえり保温性・弾力性を高めます。湿気を抜いた木綿わたのふとんの寝心地は最高です。
又、熱や紫外線の効果で殺菌作用もあり衛生的にもおすすめです。

天気のいい日の午前10時頃から午後3時頃までの2〜3時間ぐらいががおすすめです。
ふとんの側地の色褪せ等を防ぐため、カバー等を付けたまま干すのもいいでしょう。
ふとんを取り入れる時にはパンパン叩かないで下さい。側地や中綿が傷んでしまい、ふとんの寿命が
短くなってしまいます。。
ブラシ等で、ほこりを払い落す感じで十分です。
ご家庭の掃除機を使用するとより効果的です。

収納等について
ふとん圧縮パック・真空パック等ビニール袋のご利用はできるだけお避け下さい。
型崩れをしてしまったり、湿気が残っていた場合にカビの原因になったりもします。
ご不用のシーツ等 通気性のある布で覆うのがいいでしょう。

ふとんのクリーニング
ふとんの丸洗いは、あまりおすすめしていません。
特に綿100%のわたの場合、質(粘り気等)が損なわれ脱脂綿のようになります。

ふとんのリフォーム(打直し・仕立て直し)
ふとんにも寿命があり、長い間使用していると嵩がなくなり、弾力性・保温性が衰えてきます。
快適にご使用いただくために、打直し・仕立て直しをしましょう。
一般的には敷布団で3年、掛布団で5年に一度が目安とされています。
(実際には、皆さんもっと長期間ご使用になっておられますが・・・・)